マンション売却の際の税金及び確定申告について

マンション売却の際の収入については所得税についての法律で定める「譲渡取得」のカテゴリーに入ります。
所得税及び住民税として確定申告を行い支払わなければいけないことになっています。
ただし、利益がマイナスになった場合については節税対策に使用できることになっています。

 

あくまで、このケースは任意となります。 マンション売却の際の損益の計算式は、売却価格から取得費と譲渡費用を合わせた値を引いた値で出すことができます。仮に利益になった場合でも、居住用にマンションを使っていた場合3,000万円を超えない範囲なら特別控除額として3,000万円を上限とする枠があるので、活用すれば税金を支払う必要はないことになっています。 

 

確定申告の書き方については、購入時及び販売時の売買契約書、領収証、給与などを記した源泉徴収票を用意しそれをもとに作成していきます。また、特別控除を受ける場合にはさらに住んでいる市町村の役所及び役場へ行き除票住民票を発行しておく必要があります。 

 

マンションについては下記のサイトを参考
マンションを売る場合のコツ

不動産売却時の確定申告について

マンション売却等の不動産売却で得た譲度益については、確定申告を行う必要があります。
これは立派な所得であり、税法上では譲度所得として区分され、他の所得とは異なる方法で計算し申告する必要があります。

 

マンション売却や一戸建て売却など不動産売買を行うと登記情報が税務署に届くシステムになっているので、お知らせが必ず届きます。申告に必要な書類は税務署に揃っていますが、添付書類として一緒に提出する書類は、自分で用意する必要があります。

 

必要な添付書類とは、売却時の売買契約書と、売却した不動産の購入時の売買契約書と、仲介手数料等の売却手数料の領収書です。
全てコピーをとり、申告書と一緒にまとめて提出します。

 

申告について馴染みが薄い人にとっては、作業の流れや方法が難しい場合もあります。税務署では無料相談も行っていますが、仕事でいけない場合もあります。そんな時は、インターネットによる申告が良いです。入力フォームに従って作業ができるので、書面申告よりもスピーディーに行えます。

マンション売却時の確定申告は必要です

マンション売却時には基本的に確定申告が必要です。ただし、計算によっては確定申告が不要なケースもあります。
原則としては自身がマンションを買った時よりも売った価格が安い場合はマイナスとなりますので確定申告は不要です。

 

マンション売却の事実があった場合、税務署が譲渡所得を得た可能性があると判断し確定申告のお知らせがきますが税務署は譲渡益が出ているのか否かまでは把握していないのでマンション売却を行えばどちらの場合もお知らせが来ると理解しておいて下さい。
ちなみに、マンション売却の譲渡所得の計算は所有期間が長いと有利になります。

 

税率の違いからマンション所有期間が5年以上は長期譲渡所得、所有期間が5年以下の場合は短期譲渡所得と区分されているからです。

 

具体的には長期譲渡所得の税率は短期譲渡所得の半分となっており所得計算の計算式は『課税長期(短期)譲渡所得金額』=『譲渡価格』ー『所得費+譲渡費用』ー『特別控除』となります。

確定申告の関連書類の重要性

確定申告における大事な書類をきちんとしたかたちで提出していくためには、そういった分野への基礎的な知識を収集させていくようにすることが重要にもなるのです。

 

たとえば土地売却や建物を売却するとき同様に、マンション売却というものを行っていくためには、全体的な譲渡費用という部分を事前に確認していくようにすることが大切となるとも言われています。

 

さらに健全な確定申告を行っていくためにも、売却のときの領収書等を取っておくようにしていくことが賢明になるのです。かかる税金について今まで以上に詳しく精査していくようにしていくことで、来たる確定申告のときにもスムーズな手続きをしていくことが見込めるのです。

 

ライフスタイルの変化に伴い必要に迫られる機会が何かと多いマンション売却を税の問題からアプローチしていくようにすることで、それに関連する費用というものも自ずと見えていくようにもなっていくと言われています。まずは大手に尋ねてみるということがスタート地点です。

マンションを売却した場合の税金はどうなるのか

マンションを売却した場合の税金はどうなるのか住まいや投資として所有しているマンションを売却するときには譲渡所得として原則として確定申告をする必要があります。

 

ただしマンション査定で売却したお金すべてに税金がかかる訳ではありませんので、申告したとしても納税には至らないケースが多いのです。マンションは購入した時点での価格より売却した時点での価格より低ければマイナスとなり確定申告を行う必要はありません。

 

しかし建物には償却費があるので一概に購入時と売却時との価格差では判断出来ないところがあるのです。ですのでしっかり計算を入れておく事が大事なのです。土地、建物を売却した際は先ほども述べたように譲渡所得として課税分離方式として給与所得など他の所得と区分して計算を行います。

 

ここでマンションを所有する期間によっても適用税率が変わってくるのです。5年未満は短期譲渡所得に、5年以上は長期譲渡所得に区分されますのでそれぞれの適用税率を確認することで譲渡益になるのか譲渡損になるのかが分かるのです。なお、長期譲渡所得の方が適用税率が有利となるのです。

不動産売却で上手く売れた理由

不動産売却で上手く売れた理由は、良い担当者を見つけることと情報を積極的に入手することです。

 

不動産売却で上手く売れた理由は幾つかあります。一つは情報の活用です。定期的に不動産会社を回って参考となる従業員や物件情報を確認して周り、不動産の傾向を調べました。また、インターネットの情報も積極的に入手しました。

 

不動産の口コミサイトには、業者情報や実際に利用した方の体験談、不動産売却についての賢い売却方法の記事などもあったので参考にすることができました。さらにインターネットには査定サイトがあります。

 

複数の業者からすぐに査定してもらえる不動産売却サイト一括無料査定のサービスもあり、非常に役に立ちました。

 

特に査定情報は業者に不動産売却の金額交渉を行う際に資料の一つとて利用し、金額を少し上げることに成功しました。また、売却に至った理由や背景、事情をちゃんと業者に説明することで不動産業者の対応も変わってくることもあり、信頼できる方を探すことも大切です。私の場合は、よい担当者に恵まれ、資料も色々と揃えられたことから上手く不動産売却をすることができました。