マンション売却時の確定申告は必要です

マンション売却時には基本的に確定申告が必要です。ただし、計算によっては確定申告が不要なケースもあります。
原則としては自身がマンションを買った時よりも売った価格が安い場合はマイナスとなりますので確定申告は不要です。

 

マンション売却の事実があった場合、税務署が譲渡所得を得た可能性があると判断し確定申告のお知らせがきますが税務署は譲渡益が出ているのか否かまでは把握していないのでマンション売却を行えばどちらの場合もお知らせが来ると理解しておいて下さい。
ちなみに、マンション売却の譲渡所得の計算は所有期間が長いと有利になります。

 

税率の違いからマンション所有期間が5年以上は長期譲渡所得、所有期間が5年以下の場合は短期譲渡所得と区分されているからです。

 

具体的には長期譲渡所得の税率は短期譲渡所得の半分となっており所得計算の計算式は『課税長期(短期)譲渡所得金額』=『譲渡価格』ー『所得費+譲渡費用』ー『特別控除』となります。