不動産売却時の確定申告について

マンション売却等の不動産売却で得た譲度益については、確定申告を行う必要があります。
これは立派な所得であり、税法上では譲度所得として区分され、他の所得とは異なる方法で計算し申告する必要があります。

 

マンション売却や一戸建て売却など不動産売買を行うと登記情報が税務署に届くシステムになっているので、お知らせが必ず届きます。申告に必要な書類は税務署に揃っていますが、添付書類として一緒に提出する書類は、自分で用意する必要があります。

 

必要な添付書類とは、売却時の売買契約書と、売却した不動産の購入時の売買契約書と、仲介手数料等の売却手数料の領収書です。
全てコピーをとり、申告書と一緒にまとめて提出します。

 

申告について馴染みが薄い人にとっては、作業の流れや方法が難しい場合もあります。税務署では無料相談も行っていますが、仕事でいけない場合もあります。そんな時は、インターネットによる申告が良いです。入力フォームに従って作業ができるので、書面申告よりもスピーディーに行えます。