マンション売却の際の税金及び確定申告について

マンション売却の際の収入については所得税についての法律で定める「譲渡取得」のカテゴリーに入ります。
所得税及び住民税として確定申告を行い支払わなければいけないことになっています。
ただし、利益がマイナスになった場合については節税対策に使用できることになっています。

 

あくまで、このケースは任意となります。 マンション売却の際の損益の計算式は、売却価格から取得費と譲渡費用を合わせた値を引いた値で出すことができます。仮に利益になった場合でも、居住用にマンションを使っていた場合3,000万円を超えない範囲なら特別控除額として3,000万円を上限とする枠があるので、活用すれば税金を支払う必要はないことになっています。 

 

確定申告の書き方については、購入時及び販売時の売買契約書、領収証、給与などを記した源泉徴収票を用意しそれをもとに作成していきます。また、特別控除を受ける場合にはさらに住んでいる市町村の役所及び役場へ行き除票住民票を発行しておく必要があります。