マンションを売却した場合の税金はどうなるのか

マンションを売却した場合の税金はどうなるのか住まいや投資として所有しているマンションを売却するときには譲渡所得として原則として確定申告をする必要があります。

 

ただしマンション査定で売却したお金すべてに税金がかかる訳ではありませんので、申告したとしても納税には至らないケースが多いのです。マンションは購入した時点での価格より売却した時点での価格より低ければマイナスとなり確定申告を行う必要はありません。

 

しかし建物には償却費があるので一概に購入時と売却時との価格差では判断出来ないところがあるのです。ですのでしっかり計算を入れておく事が大事なのです。土地、建物を売却した際は先ほども述べたように譲渡所得として課税分離方式として給与所得など他の所得と区分して計算を行います。

 

ここでマンションを所有する期間によっても適用税率が変わってくるのです。5年未満は短期譲渡所得に、5年以上は長期譲渡所得に区分されますのでそれぞれの適用税率を確認することで譲渡益になるのか譲渡損になるのかが分かるのです。なお、長期譲渡所得の方が適用税率が有利となるのです。